第702回 苗植え付け

4月に入りようやく気温が落ち着き始め、この時期から苗の植え付けが忙しくなり始めました。

 

市内圃場も順次植え付けが行われていますが

亀岡圃場でも苗の植え付けが急ピッチで進められています。

 

 

亀岡での苗の植え付け作業です。

 

四月に入社した仲間も、圃場の泥に足を取られながらも一生懸命、植え付けをしていました。

 

このネギの苗を上手く育てて、7月頃に美味しいネギを収穫できるよう、日々植え付けを続けていきます。

 

記載者:小山

 


第701回 雨の日の出来事

 

市内圃場では連日晴れ間が続いており雨が降る前に畝上げ、耕起、を優先しています。

ですが、昨日ようやく雨が降り、定植を行った圃場は恵みの雨となりました。

活着が早まるのを祈るのみです!

ところで雨が降っているとき農人は何をしているのか?

現在は基本的に冬に被覆を行ったパオパオ(被覆資材名)の巻き取りや、セルトレイの洗浄、

美山ハウスでの播種、など雨が降っていても効率良く行える作業に取り掛かっています。

 

農人は作業日の前日に天気予報の確認を怠らずに行っていますが天気予報は

あくまでも予報です、、。

外れる日もあります、、。

 

これから夏に向けて天気の急変、気温の急な上昇に備えて天気の確認は

翌日だけでなく当日こまめに天気予報の確認を行い葱を収穫までもっていけるようにします!!

目指せ!安定供給!!

 

記載者:池島

 

 


第700回 春葱が……

 

今回のブログ投稿で記念すべき第700回目となりました!!

これからも引き続きブログ更新続けてまいりますのでよろしくお願い致します!

 

 

ところで、タイトルにも書いてある様に春葱の生育状態を速報いたします。

春葱大変お待たせいたしました、、、、

現在春葱が植わっている圃場は亀岡圃場、市内圃場、二つのみです。

美山圃場は夏葱準備の為、畝立て定植の真っ只中です。

まずは亀岡圃場の葱

順調に伸びています!

生育の長い所で60冂あります。収穫適期が70僂任垢里任△半しですね。

春の暖かさで一気に伸びてくれることを祈るばかりです。

 

続いて市内圃場の葱

順調です!

市内圃場では平均生育60儖幣紊伴穫適期の圃場が多くあります。

亀岡圃場と比べ市内圃場は気温が高い為生育スピードも多少変わってきます。

 

厳しい冬を乗り越えてきた春葱。

春葱を毎日毎日見守ってきた農人。

そのおかげで今収穫が出来ている。

寒さから身を守る為、春葱は夏葱と比べ太く、がっちりとした葱に仕上がります。

農人が手間暇かけた春葱を是非!ご賞味ください!!

 

記載者:池島

 

 

 

 

 

 


第699回 亀岡圃場から

3月に入り京都市内では暖かい日も増えて来ています。

今回は亀岡圃場からです。

山に囲まれているため日照時間が少なく、風も強く、霧も深い。

冬季間は特にそれが感じられるエリアです。

その分夏は過ごしやすいです。

冬の間、被覆していたネギも少しずつ伸びて来ています。

 





先月から市内圃場で畝立て、定植始まってます。

 

長雨もあり圃場が乾いていないところも多々ありますが、


亀岡もそろそろ植え付け始めていきます!






記載者:矢野


第698回 雨の日の農人

本日は美山圃場、亀岡圃場、市内圃場共に大粒の雨が降りました、、、

                                    👆

      こちらは本日の美山の天気です

 

農人は常に天気の情報を把握しておりその日の天気に応じた作業を行っています。

例えば雨の日であれば普段使用している農機具のメンテナンスを行ったり、

冬場に使用した被覆の巻取り作業を雨の当たらない場所で行います。

 

美山では雨の日は美山ハウスにてひたすら播種!播種!

雨の日にハウス内で播種を進めていき、晴れた日に播種後の管理作業を行っていきます。

晴れ間が異常に続く場合などは致し方なく晴れの日に播種を行います。

基本的には雨の日に播種を行うことが多いです。

雨の日にしか行えない作業もたくさんある為農人は雨の日も風の日も大忙しです!

また、雨の日の作業様子を時々ブログにアップしようと思います。

 

記載者:池島

 

 

 


第697回 ベトナム実習生

 

3月に入りましたが市内、美山、亀岡圃場共にまだまだ冷え込みは続くばかりです……

美山では昨日季節外れの雪が降り農人、葱共に驚くばかりです……

ですが市内圃場では春の訪れを感じさせるつくしが咲いていました。

後ろに見える円錐形の帽子を被った方、これこそがベトナム実習生です。

この帽子はノンラーと言うラタニアの木の葉で作られたベトナムの伝統的な帽子だそうです。

現在こと京都では計6名のベトナム実習生が農産部にて働いておられます。

                  ☝

 こちらがベトナム実習生の方々で年齢は19歳〜28歳まで幅広いです。

 

実習生はこと京都にて九条葱の栽培方法を学び3年経つと母国のベトナムに帰られます。

現在は株間草引き、苗の植え付けを中心に行っていただいてます。

女生とは思えない体力、スピードで毎日圃場作業に取り組んでおられます。

ベトナム実習生の方々も農人の一員としてこれからも気合を入れて頑張っていきます。

 

記載者:池島

 

 

 

 

 

 

 

 


第696回  緑肥撒きスタート!

こんばんは!

気づけば、3月です!

先月まで極寒だった市内も温暖気候に変わり、市内圃場の所々で早くもネギ坊主が上がり始めています、、、

 

 

ところで市内では…

3月に入り…

定植直後の圃場に緑肥を撒きました。

 

緑肥の品種は、「てまいらず」というマルチ大麦を使いました。

 

 

畝の立っている圃場の空きスペース、畝間に撒いていきます。

近年、連作障害が増えてきているため、葱の生育促進や土壌病原菌を減らす目的で取り組みました。

 

なるべく早く、お客様のもとに良い状態の葱が届けられるよう、日々の作業に全力を注いでいきます!

 

 

記載者:苽生

 

 

 

 

 


第695回 今年初めての畝立て


2月も半ばを過ぎて、気温が10度を超える日も出てきました。

ここ最近のブログでも出て来ますが

冬の作業と言えば、「被覆」や「ベタ掛け」などネギを少しでも伸ばしていこうとする作業がメインです。

 



あとは春に定植するための準備ですね。

トラクターで畝を潰して、キレイに耕起していきます。


あとは畝をたてるだけ、、

今年は例年よりも多くの畝を立てるため、早くから畝立てを開始。

幸い圃場の土は乾いているので、これからたくさん畝立てしていきます!

 






記載者:矢野


第694回 春葱準備

 

美山圃場、亀岡圃場共に所々で雪が降り始め、現在雪による被害は無いですが

広い面積を被覆していくため、かなりの日数がかかりますが突然の積雪や冷え込みによる霜害を

防ぐためにトンネル被覆、べた掛けなど手を打ち続けています。

なお、京都市内の圃場ではあまり雪は降っていませんが美山圃場、亀岡圃場共に寒波は続いています。

農人は寒波の中、寒さから葱を守るため被覆作業に追われています。

気温が下がると葱の生育、日当たりが悪いと色落ちの原因に繋がります。

その為少しでも気温を上げ良好な日を当てる為新品のビニールを使用し被覆作業に取り掛かっています。

全ては春葱の収穫を無事に行うためです。

また、この時期黒腐れ病という土壌病害が発生する時期です。

発生の予防として防除(土壌灌注)を行っています。

今回使用した農薬はアフェットフロアブルという殺菌剤の農薬です。

アフェットフロアブルは黒腐れ菌核のほかに赤さび病や黒斑病、、など様々な用途に使用できる優れものです。

こと京都では土壌灌注(1000倍)の倍率で散布を行っています。

 

春葱を守る為農人は日々管理を行っています。

春にピカピカの葱をブログにアップするので楽しみにしておいてください!!

 

記載者:池島

 

 

 

 


第693回 市内〜べた掛け〜

皆さん、現在インフルエンザや風邪などが流行っています。

体調のほうは、いかがでしょうか?

 

京都市内の天気は、パラパラと雪がちらつく中、時折り風が吹き寒い日が続いています。

 

その頃、市内では…

べた掛け(被覆)を始めました。

 

 

冬の時期に、トンネル被覆も行いますが、定植を行った直後や収穫直後の背丈の低い葱にパオパオ(資材名)を被せていきます。

少しでも、早く葱が伸びてくれるように、畝の上に直接被覆をかぶせて保温していきます。

この時期は気温が低く生育が遅いため生育促進のため被覆を取り組んでいます!!

 

 

少しでも、早くお客様のもとに葱をお届けできるように、農人達は、誠意をもって取り組んでいきます。

 

 

記載者:苽生

 

 

 

 

 


| 1/57PAGES | >>

カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

カテゴリー

アーカイブ

最近のコメント

検索

携帯サイト

qrcode