第664回 潅注だっ

今の時期流行っている土壌病害その名も黒腐れ病。

今の時期にふさわしい高温多湿また、ねぎの連作によって引きおこることが多い病気です。

土壌内で起こる菌核の病気の為地上での病気の見分けがかなり難しいです。

その為潅注での防除が必要です。

潅注とは潅水と同じように土壌にそのまま農薬を注ぎ込む事を言います。

今回潅注防除を行った圃場がこちら

      ↓

 

 

 

分かりにくい画像ですいません(笑)赤で囲ってある箇所葉先が黄色く黄化しているねぎが少しですがあるのがわかるでしょうか??赤の箇所以外にもありました・・・・

これが噂の黒腐れ病です……。

どうしよう

やるしかない

最終手段

潅注だっ

 

良い葱になりますように

 

 

 

記載者:池島

 

 

 

 


第663回 春葱がしっかり育ちました。

皆様いかがお過ごしでしょうか。

ようやく春の暖かさが感じられ、川沿いには桜が咲き🌸畑には蛙も目を覚まし、姿が見られるようになってきました🐸

こと京都の圃場にもようやく春葱が育ち元気な姿を見せてくれています。

皆様にお届けできる様これからもしっかり育てていきます

最初はこの状態から始まります。苗が良いと育ちも良いんです。

 

記載者:浦和

 


第662回 夏葱の準備!

最近は、暖かくなり、気温も15℃以上になって、快適に過ごせるような日々になってきました。

自宅の近くでは、桜も満開なり、見物人や観光客などが多くなってきたように思います。

 

 

その頃、農人達は……

美山で播種を行いました。

市内班、亀岡班、美山班、総勢で行いました。

品種はスーパーあんじょう、2日間かけて1200枚、播種する予定です。

 

今の時期に播種を行うと、定植時期が5月、収穫時期が8月〜9月ぐらいになると思います。

夏に向けて着々と準備が始まりました。

今年の夏は、葱が不足ならないよう管理などしっかり行っていきたいと思います。

”いい苗になりますように”

 

 

記載者:瓜生 圭祐

 

 

 


第661回 2年が経って…

4月1日 

学生にとっても社会人にとっても一つの区切りとなるこの日。

自分にとっては転職をし、農業を始めて2年が経ったことになる。

 

市内の畑においても、ながい収穫が終わり新たな作付けをするための準備が行われている。

2年が経ちようやくトラクターにも乗ることができ、今週も手探りの中奮闘。

農家のおじさんはいとも簡単に乗りこなすのにこれがなかなか難しく奥が深い。

今一番興味のある事で、どうしても極めたい。

 

これは元肥といい、畑全体に肥料をやった状態。(分かりにくいけど…)

これをトラクターで走って土と混ぜながら、土を細かくする耕起を行います。

これが作業後↓

まだ経験不足もありゴロゴロとした土も残り、ちょっと不満。

ただ今日は天気もよくトラクターに乗っての作業は爽快。これは満足。

今日一緒に作業をしたトラクター↓

(昔は爺さんの乗り物と思って関係ないと思ってたのに…この現実が不思議)

研修初日、あまりの過酷さに本気で辞めようと思ったあの日から2年。

少しは成長した気がするが誰も褒めてくれないので自分でお祝いしよう。

「お疲れ!! よく頑張った!! もっと頑張れ!! 今日は飲め!! 明日は休め!!」

 

 

 

 

投稿者:城 野

 

 

 


第660回 追肥!!

作業をしていると汗をかく日もチラチラ出てきました!

ですが、例年より寒さが長引いたせいか

ネギ達の成長はイマイチ。。。。

 

そこで試験的に新たな追肥方法をやってみております。

↑この棒を使用します。写真左側が尖っています。

 これを動噴にセットして、、。

 

ネギの株間にブスっと差し込み、

液肥を土中に流し込みます。

 

ズボズボ液肥を注入していきます!

 

なかなか時間が掛かる作業ですが

通常の追肥よりも即効で効いてくれる事を願っています。

 

記載者:沖口

 


第659回 送別会 〜さよなら1期生、ありがとう1期生〜

先日京都市内の焼き肉店🐄にて、こと京都研修生1期生の送別会を行いました。

研修生2期生、3期生、4期生、農産部社員、総勢27名で楽しい時間を過ごしました。

こと京都で勉強し創り上げてきた1期生の農業の姿勢、技術そして思いをしっかり受け継いで

こと京都の研修生の伝統として後輩に繋いで行きたいと思います。

ありがとうございました。

独立される方、新たなスタートを切られる方

『共に栄光あれ☆彡

 

記載者:浦和

 


第658回  葱の引っ越し

最近は、花粉が飛んでいますが、体調の方はいかがでしょうか?

3月といたったら、卒業シーズン!!!!

友との別れがあり、新しい一歩へ歩み出す時期ですねエクステンション

卒業式で泣いている友を見て、つられて泣く私の姿を思い出します。

 

そんなことで、市内では、今年初の定植が始まりました。



前回の投稿でもありましたが、美山で播種した苗が市内へ引っ越しました。


今年の苗は、良い苗ができました。

これなら、きれいな葱が育つと思います。

皆さん、腰が痛くなっても、葱の為に必死で定植します。

これぞ、農人魂ィー筋肉

 

 

 

記載者:瓜生 圭祐

 

 

 

 

 

 

 


第657回 そんな苗になりたい

やっと、本当にやっと日によって日中は暑いと思う事もあり、春が近くまできたと感じる。

ただこの心地の良い春も一瞬で、またあの暑い夏がくると思うと下がる。

農人になってからも極度の暑がり、寒がりは治る事がなく、どんどん普通の姿でいれる時期が短くなり、今年の冬に至っては寒さゆえ、色んなアイテムを買い足していくうち、ついには外気に触れる部分は目だけとなり、もはや誰だか分からない姿となった。

とにかく普通の姿であれる春が待ち遠しい。

↓春を待っているもう一人の知り合い。

市内で播種をし成長をしてきた葱の苗。

もう少したてばハウスから卒業し、畑に引越し。

 

苗は本当に敏感で水やら肥料・換気と毎日、人間がいい条件を整えます。

本当にうらやましい、叶うなら私も苗になって誰かが管理をしてくれれば……

夏は涼し、冬は暖かし。

肥料を頂いても育たなければ、

またおかわり。

そんな、そんな苗になりたい。

 

 

記載者:城野 巧


第656回 鳥達

まだまだしつこく寒い日が続きます。

が、春に向けて畝を立てる準備をしていかねばなりません。

 

トラクターで耕起を行い、土の状態を改善していきます。

こんな感じにしてやります。

 

作業中は餌があるのか何なのか鳥が寄ってきます。鳥

かなり油断しているのか、結構寄ってきます。鳥鳥鳥

数十分後、どこから聞きつけたのかカラスがやってきます。カラス

他の鳥達は逃げ去ります。鳥汗

さらに数十分後にはカラスだけになります。カラスカラスカラスカラス鳥

 

 

寒い中の作業になりますが

私はこのカラスの帝王気分が嫌いではないです。鳥

 

 

記載者:沖口


第655回 自然の力 〜冬バージョン〜

皆様いかがお過ごしでしょうか。

先月の大雪で自圃場の葱が大ダメージを負いました。

その1月15日の雪害についてブログでコメントしたいと思います。

下の画像は亀岡での状況です。

辺り一面白銀の世界です。しかし、この雪の下に大切な葱が埋もれています。

 

ここで葱を救うべく救出作戦を行いました!!

畝の上に降り積もった雪をひたすら退かせています。

(京都市内の葱の状況)

京都市内も雪害により葱が左に倒れています。

各圃場で自然の力を思い知らされました。雪

 

記載者:浦和

 


| 1/54PAGES | >>

カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

カテゴリー

アーカイブ

最近のコメント

検索

携帯サイト

qrcode