第749回 新兵器!

6月も後半に入りましたが近畿地方の梅雨入りはまだだそうですね。

 

夏も近付き、ネギも雑草も成長速度が早まっている中、亀岡では新兵器『スパイダーモア』を使い始めました!

スパイダーモアは自走式の草刈機で持ち手部分を上下左右に動かせる為、斜面も楽々草刈りが行えます!

亀岡圃場は斜面が急で仮払い機で草を処理するには危険かつ丁寧に草を処理することが難しいのが難点です。

 

刈払機と違い草もこんなに細かくなります!

 

もちろん畝間などこの草刈機では刈れない部分もありますが

刈払機、ハンマーナイフモア(畝間を刈る自走式草刈機)、スパイダーモアを上手く使い分けて雑草の伸びが早い夏の時期を乗り越えていきます!

 

 

記載者:山本

 


第748回 イロイロトリドリ

市内班よりお送りします!

最近京都ではぐずついた天気が続いています。

ですが、梅雨入り発表はまだのようですね。

今日はそんな雨の合間を縫って畝潰し耕起(前作のネギ畑を耕して平らにする)作業を行いました!

 

ここ伏見の巨椋池干拓地では、多くの渡り鳥が飛来し、翼を休め、お腹を満たしています。

今日も例外でなく、耕起をしていると沢山のお腹を空かせた鳥たちが畑に降り立ちました。

今日写真に収められた二種を紹介します🐦

こちらはチュウサギというシロサギの一種です。この季節に耕起をしていると必ずといってよいほど現れます。

夏に日本やその周辺で繁殖して、冬になるともっと暖かい地域に帰るとのことです。

 

かわいさ :★★★☆☆

レア度  :★☆☆☆☆

驚きの白さ:★★★★★

 

続きまして、

こちらはアマサギです。

夏は本州で繁殖し、冬は九州で越冬するらしいです。アマサギは、動いているものを追いかける習性が強いらしく、耕起をしているとトラクターを執拗に追いかけてきます(笑)

 

かわいさ :★★★★☆

レア度  :★★★☆☆

アホっぽさ:★★★★★

 

星評価はあくまで個人の感想です。

 

こうした生き物との出会いも農業の楽しさの一つですね!

 

記載者:大原

 


第747回 亀岡の気ままな農人

もう梅雨入りしますね。

私は3月半ばから亀岡市の圃場班に加わりました。亀岡市は自然がとても豊かなところで、大の植物好きな私には刺激が強すぎます🤣

 

春は町でも山でも桜が咲き乱れ

桜が終わればヤマツツジが咲き

様々な草花達も楽しませてくれます。

 

時には草花を持ち帰ってこんなことして遊んでみたり、、

、、、

いえいえ💦

遊んでばかりではありません😅

 

ちゃんと農人らしい事もやってます😊

 

亀岡では春から畝立て〜作付けの毎日。

朝早くから日が暮れるまで、農人は働いております笑

 

そして皆様へ元気な葱を届けるべく、この亀岡農場で日々、勉強しております。

 

春に入り苗の活着も早くなり生育も順調です。

定期的な雨のおかげですくすくと育っています。

 

梅雨入りしましたが葱にとっては良い灌水になります。

湿度気温上昇が見込まれるので病虫害には気をつけながら管理作業を行っていきます。

 

記載者: 清水


第746回 もうすぐ夏!!

5月ももう終わりもうすぐ6月になろうとしています。春にしてはちょっと寒いな〜と思ってたのもつかの間、ここ最近はいい天気、熱い日差し、30度越えの気温でもう夏の気配が、、、。

水分補給を怠らず熱中症対策を行い万全の状態で収穫が行えるように全員で声掛けを行い収穫を行っています。

 

私自身は今年で2年目の夏になるんですが、去年の夏は40度近い猛暑の中、美山、亀岡、市内のネギを収穫するためにあちこちに飛び回って大忙しだった思い出が記憶に残っています。

今年入った新しい農人たちも入社してから早2か月!

収穫にも慣れてきており、夏を迎える準備は万端!!

今年の夏も持ち前の元気で収穫班一同暑さに負けない気迫で頑張っていきます!

 

記載者: 石井


第745回 被覆のおかげで

 

昨年の12月頃からネギを保温するために被覆資材を利用していました。

被覆時は草引きや追肥を行う度に開閉を行うので多少の手間はかかってしまいます。

ですが手間暇かけたおかげで現在とても立派なネギが収穫出来ています!

上記の圃場も冬に被覆を行った圃場です。

我々収穫班は名の通り日々収穫業務を行っているのでネギが立派であるほど嬉しい気持ちになり収穫のスピードも上がります!

 

新しい農人達も入社から1ヶ月経ち立派!、、、になりつつあります!

まだまだ覚えることも多く大変な時期ではありますがネギ同様、立派に育ってくれるのではないかと感じています。

 

冬に被覆をしていた葱も新しい農人達も今後が楽しみです!

 

記載者:山本

 


第744回 来たれ微生物パワー

日に日に暖かくなり、今日は春というより初夏の陽気でした!

暖かくなるとともに心配になるのが、、、、

そう!病害虫です。

 

そこで今回試験導入したのが、こちら

微生物製剤です!!

この土の上にある白い塊が微生物製剤です。

 

この微生物製剤を、種まきの際に上から振りかけることにより、

微生物製剤に含まれる微生物がネギの根の中で生育し、

ネギの養分吸収をサポートしたり、病気の元となる菌の侵入を

抑えることが期待されています。

 

特に、これから蒸し暑くなると発生してくる軟腐病対策に効果的とのことです。

 

 

この微生物製剤を用いた苗を定植し、経過を観察していきます!!

 

微生物パワーですくすくと健康に育ったネギを皆さまにお届けするため、

農人たちはこれからも試行錯誤を続けていきます!

 

打倒軟腐負けるなおねぎ

記載者:大原

第743回 夏葱始動

4月上旬から7月〜8月に向けた夏葱の植え付けが順次美山、亀岡、市内と進んでいます!

天候にも恵まれ現在で20センチ程伸び、無事に活着しました。

活着してからが管理の見せ所です!

病害虫が入りやすい時期でもあり色抜けしやすい時期でもあります。

用心深く葱を見守っていきます。

 

畝周りをご覧ください、、

グングンと雑草の方も伸びてきていますね、、、

放置しておくと病害虫をおびき寄せる元ともなるので早めの処理を心掛けています。

何事も先の事を見越し今の段階から手を打つ!そんな管理をしていきたいですね。

 

7月に収穫風景の写真をアップするのでお楽しみに!!

 

 

記載者:池島


第742回 雨のち晴レルヤ

京都府全域で晴れが続いており病気の広がるリスクも高まってきました。

ですがデメリットだけではなく土壌の乾きが早くなり畝が立てやすくなった、などメリットも多くあります。

上記の写真は水はけが悪く中々思うように畝が上げられなかった圃場です。

今回1週間丸々晴れ間が続いた事でようやく畝が立てられました。

土壌状態も若干湿っている状態で定植苗には抜群の土壌状態とも言えます。

雨、晴れの良いバランスが取れたとき畑仕事の効率もグンと上がります!

 

美山でも晴れ間が続いており、雨で予定が遅れていた作業を今回の晴れで取り戻すことが出来ました。

来週はまた雨です、、

ですが植えたての苗には潅水代わりになるのでそれはそれで良しと、、、

 

記載者:池島

 

 

 

 

 


第741回 新しい仲間(農人)

市内圃場では昼間の気温が20度を超える日もあり病虫害の出やすい季節になってきました。

べと病、赤さび病、ハモグリバエ、スリップス、この4つの病害虫に着目しています。

被害を受ける前に防除をローテーション散布で行い早い段階で手を打っています。

今後気温がグンと上昇してくるので他の病害にも注意が必要ですね。

 

 

話は変わり、

4月1日から新たな仲間が4名農産課として加わりました!

 

3名が独立研修生、1名が社員として入社されました。

左端から、荒木君、衣笠君、城君、(独立研修生)河野君(社員)の計4名です!

 

上記の写真には葱坊主がちらほら、、この時期に毎年葱坊主は新入社員をお出迎えします。

フレッシュな新入社員の方々、仕事も早く、覚えも早い!!

ベテラン社員の方々も大変感心しておられます。

 

今後が楽しみですね!!

 

記載者:池島

 


第740回 土づくりから

 

4月に入り気温もグンと上がり春の風物詩、桜が咲き始めている光景をちらほらと見かけます。

毎年のごとく桜が咲くと当然こいつも咲きますよね、、、

そう、、、、ネギ坊主君です!!

まだ蕾の段階ですがこれから気温が上昇してくると蕾から花へと変わりネギ坊主の周りには蜜を求めて

沢山の昆虫が寄ってきます。

その昆虫を見るとまた一段と春を感じさせてくれます。

 

話は変わり現在市内圃場では元肥、耕起で土づくりを行っている真っ最中です。

雨も3月と比べると比較的に雨量が減り土の乾きも非常に良い状態です。

今のチャンスを逃すとすぐに梅雨がやってきます。

土の状態、見極めも農人の腕の見せ所です。

上記の写真は前方の乾きが悪く思うように畝があげられない圃場です。

もし畝を上げたとすれば、前方だけ葱の生育が悪く、収穫段階まで持っていけない、、なんてリスクも考えられます。

常に良い状態で畝を上げたい!なぜならお客様にいい葱をお届けするため!!

晴れが続くのでいい状態で畝を上げられるように見極め!ていきます。

 

記載者:池島

 

 

 

 


| 1/62PAGES | >>

カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

カテゴリー

アーカイブ

最近のコメント

検索

携帯サイト

qrcode