第566回 ロケハン

先日の竣工式は盛大でございました。

竣工式というからには、さすがに当日準備では間に合いませんので、
前日入りをして着々と進めておりました。
最終打ち合わせには、全員が顔を合わせ、式の流れの最終チェックを行います。
また、これだけ顔を合わせたのは竣工式の為だけではありません。
円滑に工場を稼動できるように、下準備も兼ねています。

こぉんな竣工式の看板を作ったり、

要所要所にあの緑の札を張ったり…。
掲示物をぺたぺたと貼っていきます。
下地が緑だと、黒板のようで見やすいですね。

当日…”皆さんよろしくお願いします”から始まり、
あらゆることを想定しながら流れを読んでいきます。

ここは円滑にー…とか、

ここ稼動したら洗い場になるんか!とか…。
竣工式から稼動してからまで。
入念なチェックと読みで円滑な移転を想像します。
それが、移転本番で活かせるように構造を練っております。

ここでどんな仕事の流れになるのか…。
思えば私が入社した時は少し広く感じていた城南宮工場。
今では少し狭く感じたり…。
慣れ親しんだ城南宮工場を離れるのは少し寂しいですが、
心機一転、ここから新しい気持ちで農人一同、
しっかり励みたいと思います。

記載者:大石

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

カテゴリー

アーカイブ

最近のコメント

検索

携帯サイト

qrcode