第748回 イロイロトリドリ

市内班よりお送りします!

最近京都ではぐずついた天気が続いています。

ですが、梅雨入り発表はまだのようですね。

今日はそんな雨の合間を縫って畝潰し耕起(前作のネギ畑を耕して平らにする)作業を行いました!

 

ここ伏見の巨椋池干拓地では、多くの渡り鳥が飛来し、翼を休め、お腹を満たしています。

今日も例外でなく、耕起をしていると沢山のお腹を空かせた鳥たちが畑に降り立ちました。

今日写真に収められた二種を紹介します🐦

こちらはチュウサギというシロサギの一種です。この季節に耕起をしていると必ずといってよいほど現れます。

夏に日本やその周辺で繁殖して、冬になるともっと暖かい地域に帰るとのことです。

 

かわいさ :★★★☆☆

レア度  :★☆☆☆☆

驚きの白さ:★★★★★

 

続きまして、

こちらはアマサギです。

夏は本州で繁殖し、冬は九州で越冬するらしいです。アマサギは、動いているものを追いかける習性が強いらしく、耕起をしているとトラクターを執拗に追いかけてきます(笑)

 

かわいさ :★★★★☆

レア度  :★★★☆☆

アホっぽさ:★★★★★

 

星評価はあくまで個人の感想です。

 

こうした生き物との出会いも農業の楽しさの一つですね!

 

記載者:大原

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

カテゴリー

アーカイブ

最近のコメント

検索

携帯サイト

qrcode